banner

個人事業主の違い

合同会社と個人事業主の違いとは

合同会社は比較的新しい法人の形態です。起業をするときに個人事業主としてスタートするのがいいのか、法人組織としてスタートするのがいいか、悩む人は多いと思います。合同会社という形態がないときは株式会社、合資会社、合名会社という法人組織か個人事業主かという選択肢しかありませんでした。商法が改正され、資本金1円でも株式会社を設立することが可能になりましたが、実際に会社組織を設立するとなるとそれなりに手続きと資金が必要になります。合同会社も例外ではありませんが、株式会社よりも敷居が低い法人として認知されるようになってきました。

個人事業主については手続きが簡単です。所在地の税務署に開業届を提出するだけです。開業届には収入印紙などを貼付する必要はありません。書類の作成はインターネットから書式をダウンロードして必要事項を記載するだけです。あえていえば税務署に提出する方法によっては交通費がかかるくらいです。

合同会社はあくまでも法人の形態を採っているので、他の法人形態である株式会社や合資会社などと同じように、法人設立に際しては設立登記の手続きが必要となります。法人の設立登記を行っている専業の専門家、弁護士や税理士、行政書士、司法書士などに依頼するか、自分で全ての手続きを行う必要があります。法人登記については登記印紙を書類に貼付する必要があります。電子定款対応の業者に登記を依頼した場合、その業者に支払う手数料に登記印紙代6万円のみで設立登記ができるのが合同会社です。株式会社については登記印紙が15万円必要ですので、この費用の差を大きいと捉えるか、小さいと捉えるかの違いは大きいです。

合同会社は株式会社と違い出資比率によって利益の分配が出資者全員で決めることができます。株式会社の場合利益の分配方法は出資比率に応じて決まりますが、合同会社の場合、利益の分配方法を話し合いで決めることができるのです。組織が大きくなり広く、金融機関以外からも運営資金を集めることができるというものが株式会社ですが、合同会社を最初に設立して株式会社に変更することも認められています。株式会社の設立が難しい場合、自分一人、あるいは少人数で事業をスタートさせるときには合同会社という選択肢があることを覚えておきましょう。

個人事業主にもメリットがあります。自分のやりたいように事業を行うことができるからです。しかし、社会的信用度を高めるという点では法人形態である合同会社にメリットがあります。”

Copyright(c) 2016 合同会社の募集設立は難しいことではない All Rights Reserved.