banner

無限責任ではない

無限責任ではないのが合同会社の優れたところ

現在の日本で会社設立をする時には、会社の組織として株式会社、合同会社、合資会社、合名会社があります。出資者の責任という面で見れば、合資会社と合名会社は無限責任、株式会社と合同会社は有限責任となっています。合同会社は、株式会社ほど手続きが面倒ではないにも関わらず、株式会社と同じように有限責任であるということから、出資者のリスクは小さいと考えられます。

無限責任とはどういったことなのかというと、出資者が会社の責任を負わなければならないことを指します。たとえば、会社として借金をした場合を考えてみましょう。会社という別の法人格を持っているものであっても、会社の借金は出資者が追わなければならないのが無限責任です。有限責任の場合、会社の債務まで負う必要はありません。ですから、もしも会社が債務超過になって破たんせざるを得ないような状況であったとしても、個人がその債務を負う必要はないのです。最悪の場合に会社を解散しなければならないことはあるかもしれませんが、会社の債務を負わずに解散することができます。債務というのは借金だけではなくて、たとえば買掛金などもありますし、未払い金などはすべて債務となります。もしも無限責任であったとすると、出資者は大きなリスクを負わなければならないでしょう。会社の経営が悪化して破たんした時に、会社に代わって借金を返済したり、未払い金を支払っていったりしなければならないのですから、リスクは大きいと考えられます。そのために出資することを躊躇するのは自然なことです。合同会社や合名会社の場合、このような責任を負わなければならないですからリスクは大きいと言わざるを得ません。合同会社は有限責任として制度が作られていますから、この点のリスクは非常に小さいと考えられます。出資しやすく、会社設立をしやすいのが合同会社の特徴だと考えることもできます。

このように、合同会社は有限責任であるために、出資のハードルは小さいといえるでしょう。積極的に出資者を募りたい時などには適していますし、ハードルが低いことから設立しやすいと考えられます。ただ、小さい企業の場合には借金をするにしても何をするにしても、代表者が保証人にならなければならないことがあります。保証人になった場合、会社が解散しても債務は保証人が負わなければなりませんから注意が必要です。このようなことも考えなければなりませんが、やはり有限責任であることのメリットは大きいと考えられます。”

Copyright(c) 2016 合同会社の募集設立は難しいことではない All Rights Reserved.