banner

募集設立は難しい?

合同会社の募集設立は難しいことではない

ここ数年、起業ブームで注目を集めているのが合同会社です。同じ起業でも株式会社の設立より敷居が低く、共同経営者など募集設立に関する情報がインターネットでも集めやすくなったことが追い風になっています。この先数年は合同会社として設立される企業は増え続けるでしょう。

合同会社の募集設立は株式会社の募集設立よりも敷居が低いのはいくつか理由があります。合同会社は設立時に決めておく項目が株式会社よりも少ないということです。合同会社も株式会社も設立は1人でも問題はありませんが、合同会社の役員の任期が無期限、なしというのに比べると株式会社の任期10年はかなり短いように感じ取ることができるのではないのでしょうか。合同会社を1人で切り盛りして今後の会社の方針を決めるのも出資者のみで会社を大きくする場合は出資する人を増やすことが簡単にできるというメリットがあります。

株式会社を設立した場合、決算が終わると決算公告が必要になりますが合同会社では決算公告は必要ありません。株式会社と同じ会計基準が適用されますが、決算公告のあるなしは少ない金額でもコストに影響を及ぼすからです。

株式会社では、利益の分配方法についても制限があります。当然取締役会、株主総会で利益の分配方法を決定し、株式の持ち分に応じて利益の分配を行いますが、合同会社では利益の再分配などについては出資者である業務執行社員の話し合いのもとで決定するだけです。事業内容により業務執行社員の過半数が同意すれば偏った利益分配も可能ということになります。

合同会社の募集設立のメリット、デメリットについてはいろいろ取り上げられていますが、一般的な企業形態と認知されるにはまだまだ数が少ないということが上げられます。株式会社の方が歴史が古く、有名企業がいくつも「株式会社」を掲げているからです。それでも開業時や法人格の取得に費用をかけられない、ランニングコストを下げたい場合など有効な設立手法であることに違いはありません。ゆくゆくは株式会社を設立という場合であっても、ランニングコストを考えるとメリットは大きいと言われているのです。

インターネットで検索すると、1人で会社設立する手法がいくつも掲載されています。個人事業主との違いもわかりやすく解説しているサイトもありますので、自分が目指す会社形態と何が違うのか、どうすれば最終的なゴールにたどり着けるかをじっくり考えるようにするといいでしょう。”

Copyright(c) 2016 合同会社の募集設立は難しいことではない All Rights Reserved.