banner

新設と既存会社

合同会社の新設と既存会社の買取

会社を設立しようと思ったときには、一から設立することを考える人が多いようです。合同会社なら設立費用も安いですから、その方が手軽だと考える人も多いでしょう。事業を始めるために法人格を取得するのなら、すでにある会社を買取するという方法もあります。大企業の間でM&Aが盛んに行われていることは多くの人が知っていることでしょう。中小企業や零細企業の中にも、会社ごと売りたいという企業や、あるいは特定の事業だけを売りたいという企業もあります。これらを利用して法人格を取得するのも良い方法です。

会社の買取とは、簡単に言えば持ち分をすべて取得することを指します。合同会社の社員から持ち分をすべて譲渡してもらうのが最も簡単な方法でしょう。こうすることによって会社の重要事項を決議できるようになりますから、既存会社の役員を退任させて自分が役員として就任します。このときには、すべての決定権を自分が持てるようにします。その後は社名や事業目的を変更し、本店所在地を変更するなどすれば、全く異なる会社にすることもできます。必要に応じて変更していきましょう。このようにすることによって、会社を取得することができます。合同会社を新規に設立するのではなく、会社を買取するメリットは、その会社の過去ごと買えることです。会社の歴史が古いほど信用されるという傾向がありますから、時間をかけて信用を築くよりも手っ取り早いです。また、お客さんがある場合には、お客さんごと買えるというメリットもあります。許認可もそのまま得られることもあります。しかし、デメリットもあり、たとえば債務がある場合にはそれも引き継がなければなりません。決算書類などを見れば債務の金額が分かりますが、それ以外に何らかの債務が隠れている可能性は否定できないでしょう。簿外債務が後から見つかるというリスクもあるのです。

このように、会社の買取にはメリットもありますが、リスクもありますから注意が必要です。ですから、その会社に魅力を感じたときに限って買取るという方針を持つのが良いです。たとえば、経営が順調にいっていても、後継者がいなくて会社ごと売りたいというようなケースでは、魅力を感じることになるでしょう。もしも何らかのリスクを感じたのなら、合同会社を新設する方が良いです。合同会社の設立にはあまり多くの資金が必要ありませんから、費用面で考えれば、新設する方が良いケースが多いです。”

Copyright(c) 2016 合同会社の募集設立は難しいことではない All Rights Reserved.